2012年6月23日 先週日曜(17日)は、土地購入にため島根県へ行った。単なるロケーションは良いところであったが、近くに再処理         工場があり迷っている。広さは28000平方メートル。女房は現金のほうが良いと言っている。リプトン率いる         IMFの日本にある全ての金融機関に対する財務内容調査(4月から7月)はどのような判定が出るのだろうか。         明日は大分を経由して宮崎を回る予定。タイヤのバランスを再度きっちりしてもらいランクルの乗りごごち満点。 2012年6月16日 明日はギリシャの再選挙。ECBは買い取ったギリシャ国債をEFSFに売りつけEFSF債権として、無知な日本にうりつけている。バカな日本の         財務官僚はありがたがって買っている。ギリシャが破産してもECBは安泰で、EFSF債を保有している日本が全額損をすることになっている。         消費税はリプトン氏の言う15%でも足りないのだ。 2012年6月14日 今日は、日向・北郷の「椎野あじさいロード」に行ってきた。途中、若山牧水亭で食事をした。先日交換したタイヤのバランスが良くない。         原発も再稼動決定のようだ。事故が起きなければよいが、それは避けられないであろう。昨年の津波の漂流物カナダ・アメリカに到達し始めた。         当然、日本はその処分費用を負担しなければならない。 2012年6月13日 IMF(ヨーロッパの白人のための組織)ナンバー2のリプトン氏が来日している。日本の消費税を15%にしろと言った。麻生さんから10兆円、         野田さんから5兆円貰っているのに、まだまだ不足のようだ。アメリカはビタ1ドルも出さないと宣言した。当てにしていた中国も出資         しないようである。残るは日本だけ。毎年10兆円ほど総額100兆円は強制寄付させたいようだ。ゴタゴタの日本政治、野田さんが民主党を         離党し、自民党に入党すると上手くいく。 2012年6月8日  大分県に所有している土地を売却するように誘いがあった。父の遺産の一つであるのでお断りした。 2012年6月6日  朝から金星の影を見る。先日の金環食は鹿児島まで観察に行ったが、きやすめ程度にしか見えなかった。昨日ランクルの         タイヤを交換した。これで50万キロまでは大丈夫。 2012年6月3日  先週、4月からの新規投資は利益を全て吐き出し元金をも割り込んだ。原因は1バーレル106ドルの原油が93ドルを割ったので         買いを入れたところ、82ドルまで下がった。ドライブするにはいい環境になりつつある。 2012年5月30日 東京電力と公務員は同じ思考回路と行動形態を持っている。まずは、自分の懐に入るものに一生懸命である。それが手に入れば後は適当に         振舞っている。公務員も巨額赤字団体に属しているにもかかわらず、そのことを、まるで分っていない。増税をして給与を賄おうと決めている。         公務員と名のつく人に配布する手当ては40兆円ある。3割カットすれば12兆円出る。増税の必要は全くないのである。 2012年5月7日  昨日、例年通り有田陶器市に行った。ところが、5日で有田陶器市は終了していた。そこで、伊万里・波佐見の陶器市に行った。古伊万里と            色鍋島のカップを購入した。世界の政治は変動・混乱している。政治を一言で言うと、国民から分捕ったお金をどんな人にどのように分配            するかである。            IMF(TOPは常にヨーロッパの白人)はヨーロッパの白人のために行動し、世銀(TOPは常にアメリカの白人)はアメリカの白人のために行動            している。いくら日本がIMFに資金を投入しても、アメリカの国債を購入しても相手からはアカンベーをされている。二・三日前、日中韓が            互いに国債を保有し資金をプールする協定をした。政治家・官僚も少しは世界の動きを分り始めたようだ。 2012年5月5日  ゴールデンウイークが終われば、消費税と原発の季節だ。IMFに5兆円の寄付を申し出、日米首脳会談直後、アメリカは7兆円の国債            発行を決めた=この半分くらいは日本が買うと約束してきたであろう。これで、消費税増額の2年分くらいは使い道が決まった。            おかしなことに、一体改革で消費税増をすれば年金の受け取りが14万円増えるという。そうであれば、増税の必要がない。官僚は            どんな頭脳回路をしているのであろう。税金といえば、5月に納付するランクルの税金が8万8千円から10%増の9万6千8百円            になった。ものを大切にするなという役所の体質である。泊村の原発関係の税収は村民一人当たり250万円ほどになる。本日            から停止するので補助金を増額すという。役場にお金を与えるのでなく、村民一人ひとりに現金を300万円ほど支給したらどう            であろうか。             2012年4月26日 今月開始した仕事でまた失敗。コンピューターが勝手に決済をして損失を出した。普通は、指定年月日までに買い注文が成約すれば、            その解約・決済はその成立後、私が指示すると思っていた。(今までの取引はそうである)ところが、どうも、指定年月日満了時に、            決済もするということらしい。この3週間で116.61%の利益である。一ヶ月で2倍だから、2ヶ月で4倍、Nヶ月で2のN乗            という「変な虫」を今度は抑えよう。            小沢氏が無罪。警察審査会の委員に反小沢の人物を選べばよいわけだ。原発再開も、そのような人物に大学の教授の椅子や政府機関            の委員を餌として提供すればよい。マスコミのコメンテーターも同じである。 2012年4月23日 一昨日は義父の3回忌であった。相変わらず議員・官僚は国民の不幸のために行動・仕事をしている。今日は久しぶりに畑仕事をした。            食糧難になっても生きていけるようにジャガイモ・とうきびなどを植えた。今月開始した新しい仕事は、今日現在で86.58%の            利益を出している。ところが、先ほど間違って金を購入するとき、うっかり予定の3倍購入してしまって含み損が出ている。 2012年4月20日 大阪造幣局の桜を見物してきた。ついでに、若狭湾の大飯・美浜・敦賀の原発も。ランクルの走行距離が42万kmを超えた。 2912年4月9日 今年になって5回目の葬儀に故郷へ行った。往復140KM。ご冥福をお祈りいたします。往復の道は桜が満開であった。この一週間で           大村桜(長崎)、忠元公園(鹿児島)、水俣、水上、菊池、一心行など毎日見物に行った。「願わくは花の下にて春死なん、その如月の           望月の頃」(西行)。私もそうありたい。ただし、葬儀はしないよう=火葬場から直接、お墓に行くよう=回りに、事あるごとに言って           いる。贅沢を言えば、芭蕉の「旅に病んで夢は枯野を駆け廻る」である。 2012年4月6日 国の予算案成立・借金49%それも国債発行の法案は未成立。会社ならばトウの昔に倒産である。もっとも不足する分は税金でフンダクレ           ば良いので気楽なものである。大飯原発再稼動も、福島の件が全くなかったように動かしている。大飯(再稼動原発)は必ず事故を起こす。           わが社の経営から考えれば五千年に一度の=ロスチャイルド家が世界の実権を掌握したナポレオンのワーテルローの戦い=イギリスの           富の80%を得た=最大のチャンスである。これは、ゴールドマンサックスをはじめ世界中の金融ハイエナが画策していることであろう。           これに日本の政治家が平蔵同様に踊らされ協力している。そういえば、住民税を払わなくて良い方法がある。1月1日の居住地が日本でなければ           良いのである。           先日の口座開設の折。東京三菱UFJへ資金振込みの際、先方の口座番号を間違いオオゴトした。全てインターネット上で処理が出来た。           これは、やや危険な取引に参加する手続きであった。以前も金・銀の取引はしていたが、新たに銅・小麦・大豆・コットン・とうきび・           原油などの取引をするものである。でだしは、1日で1%の利益であった。AIJに指南しても良い。しかし、わが社は他人に迷惑を           掛けない様に資本金990万の合資会社にした。株式会社は金融商品を申請するだけでAIJのように一般の人に売買できるが、合資会社           は出来ない。           過去を思い出せば、コウユウ利益が何ヶ月も続くと、大損するものである。目標は、日々の生活がそれなりにできれば良いのである。初心           を忘れず来週も楽しみながら仕事をしよう。日本の政治家が、わが社のために働いてくれので助かる。民主党さまさまである。           明日(7日)は大村に桜見物に行く=一つの花に60枚から200枚の花びらがつくという=毎日お世話になっているフィボナッチの数列           からすると55,89,144,233枚。ついでに正確に数えてくる予定である。 2012年4月4日 新しく仕事上の口座をネット上に作成した。テレビでは鳴り物入りで政権交代した民主党が、支持してくれた真面目な国民を裏切り、           友党の社民党を追い出し、国民新党を分裂させ、 自分に一番近い人々を詐欺的に不幸に落とし入れたことを忘れて答弁をしている。           昨日の悪天候にもかかわらず、桜は満開である。 2012年3月23日 今日は雨のため畑仕事は中止。先週、笠山への往復631kmはリッターあたりなんと7.99kmであった。41万5000km            の廃車寸前のランクルの快挙であった。テレビ中継の国会は相変わらず脳タリンである。公務員の人件費を3割カットで12兆円を            捻出し、公務員の再就職先を全廃することで補助金を大幅カットし、AIJ事件のように元公務員が真面目な国民の財産をチョロマカス            社会体制を全廃すれば、日本国は国民に増税どころか配当金を支給できるハズである。明日は日田経由で博多に行く。 2012年3月18日 今週も毎日畑を耕した。15日は会社創立記念日であった。昨日17日は椿見物に笠山へ行った。日本国の予算の半額は国債発行で            賄うという。ちょうど公務員の人件費とほぼ同額である。異常事態である。岡田さんは公務員の採用を50%にするといっているが            人件費を50%にすべきではないか。先日、軽自動車の廃車手続きをしたが、一般の会社では一人で出来る簡単な仕事を役人は4人            でヤット出来た。これは、75%の人員カットをすることができることを証明している。イオンに相談したらどうでしょうか。 2012年3月11日 今週初、畑を耕したところ腰を少し痛めた。高千穂天岩戸神社、宮地嶽神社、宗像大社、地島の椿ロード歩いた。            今日鹿児島の水族館に孫二人をつれて行ったところ、日ごろの運動不足がたたり腰・大腿部・膝・ふくらはぎが錆び付いた            ように動きが悪い。            中国は2月の貿易赤字が315億ドル、日本は経常赤字が1兆5千億円。これで、アメリカからボラレナクテすむ。            アメリカの財政赤字及び貿易赤字は誰がファインナンスするのだろうか? ヨーロッパでは、ギリシャ国債にCDS決済を実施すると            ISDAが決定を下した=http://www.isda.org/dc/docs/EMEA_Determinations_Committee_Decision_09032012.pdf            12日(月)以降の金融動向が注目される。 2012年3月3日  先月20日=森林組合・地籍調査確認に行く。22日=新酒(限定品)入手のため酒蔵へ。25日=いとこ会。            天下りの勧誘により厚生年金基金がAIJに投資し資金を失う。これと同様のことは、沢山ある。基金でなく国民年金・            厚生年金本体も同様のことがあっているハズだ。農林中金の例を待たない。良い天気なので、今からドライブ。 2012年2月18日 ここ3ヶ月、週4回程度の割合で温泉(九州内)に行っている。本当の掛け流し温泉は200円(別府は100円台)から            300円であり、天然温泉と語り掛け流しでない循環湯は500円以上が多かった。サウナは本当の掛け流し温泉にはなく、            沸かし湯の専売であった。入浴料金が安価のほうが本物であり、高額が偽者というのも面白い。砂湯会館は受付などが新築されていた。 2012年1月29日 日本が保有しているアメリカ国債が満期になった分だけを日本に還流すれば増税不要。しかし、これを口にすれば            橋本前総理のように、急に支持率を落とし不審な死に追い込まれる。また、中川前財務大臣のように米国債を買う金額を            10%程度減額しただけで薬をワインに盛られマスコミの協力の下「ごっくん」会見などを大々的に放送され、最後は、死に            追い込まれてしまう。アメリカは毎年100兆円(1.6兆ドル)の経常赤字だから・・・。ファニメイ・フレディーマックの            住宅金融部門の負債を考えると、日本と同じGDPの200%の借金を米国は抱えている。日本の経常収支は10兆円を超える            黒字。(貿易赤字2.5兆円を差し引いて)。この10兆円ではアメリカは足りない。もっと沢山国債を買ってもらわないと困る。            だから増税するのではないかと勘ぐりたくなる。政治家や上級公務員はこのことを知っていて何もしない。殺されるから?             国会議員もイギリスの国会議員並みの手当てにすればよい。             2012年1月14日 フランスの国債がS&Pにより格下げされた。フランスはギリシャの国債を大量に保有している。ドイツもギリシャ債を            保有していたが、麻生総理大臣がIMFに10兆円寄付した頃より、ドイツは売り逃げを開始し、難を逃れている。野田改造内閣も            日本の国益を考え行動してもらいたいものだ。間違ってもユーロ買い円売り介入し、紙くずユーロを買い日本の富を失うことの            ないように。金融に関し欧米人に騙されることのないように。安住さん日本国民のことを考え行動してください。            最近の例で言うと、オリンパス事件がる。            ゴールドマンサックスとウッドフォードとオリンパス及びタックスヘイブンの関係を調べたらよい。そういえば、ギリシャの件も            ゴールドマンサックスhttp://www2.goldmansachs.com/japan/gsitm/report/index.htmlが暗躍していたと聞く。            増税はする必要ない。400万人の公務員に対する人件費40兆円を3割カットすれば12兆円が浮く。さらに、IMF勧告の            通り退職金にも手をつければよい。経産省の木村審議官のインサイダー取引(これは、氷山の一角である)や原子力関連の国の組織、            さらに、自首してきた指名手配に関する警察、広島の刑務所、地方の役所及び関連団体・・・、先日は年収1000万円の大阪市役所の            実働4時間の交通整理員がテレビで紹介されていた。そういえば、退職金6000万円の給食のおばちゃんもいた。とうてい、民間では            考えられない。             2012年1月10日 昨年、日本も貿易収支が2兆4千億円の赤字に転落した。 2012年1月04日 昨年3月15日からの決算をした。経費を考えると赤字決算であった。全国の法人285万社、70%が赤字であること            から当然の結果かも知れない。日本国も大幅な赤字予算である。国および地方公共団体は全くお金のことは気にせず、            増税をすれば良いと考えている。気楽なもんだ。しかし、我々一般企業は、真剣である。わが社は本年より給与は半額にする。            ボーナスは支給廃止、利益が上がったときのみ支給することにした。また、出張旅費は最低の費用に留め、手当ては支給しない            ことにした。当然、福利厚生の海外旅行や料亭での食事などは全廃する。            明日、いい加減な労働をしている全国400万公務員のため、昨年8月から12月までの我々の汗水たらした結果である所得税            を支払いに行く 。 2012年1月02日 今年は、まだ初詣に行ってない。